会話

八百屋にて
東京、佐藤家。秀麗は夕飯の買い物のため、仕事帰りに近所の八百屋に寄る。秀麗はいつも駅前の商店街にある八百屋で買い物をしているので、八百屋の主人とは顔なじみ
(八百屋の店先で)
八百屋:いらっしゃい。おっ、佐藤さん、今日は早いんだねえ。
秀麗:そうなの。仕事が早く片づいて。
八百屋:よかったねえ。今日は?何にしましょうか。
秀麗:そうねえ。何にしようかなあ。
八百屋:今日は白菜のいいのが入ってるよ。旬だから、甘くておいしいよ。
秀麗:そうですか。じゃあ、その白菜と、あとネギと春菊ください。
八百屋:はい。白菜、ネギ、春菊ね。他にはいいの?
秀麗:あっ、じゃあ、あとカキあります?
八百屋:ごめんなさい。カキは今日は売り切れちゃったんだ。
秀麗:えっ、そうなんですか。じゃあ、どうしようかなあ的…
(店先の商品を見回して)この時期に珍しいですねえあっ、モモ。
八百屋:昔と違ってね、今は品種改良も進んでるし、ビニールハウスとかも優秀だから。最近じゃ、「工場野菜」なんていうのもあるしね。
秀麗:「工場野菜」?
八百屋:そうそう、わたしはそういうの好きじゃないから、うちじゃ扱ってないけどさ。地べたで育てるんじゃなくて、工場の中で育てるの。水と光を人工的に調節してね。
秀麗:へえ、知らなかった。そんな技術があるんですか。
八百屋:そうそう。だからね、最近じゃ、果物とか野菜のを知らない人も多いよね。
(買い物が終わって)
八百屋:はいお会計789円ね。
秀麗:はい、じゃあ、これで。(代金を渡す)
八百屋:おつり11円ね。毎度またお願いしますありがとうございます!

新出語彙1

やおや(八百屋)[名]果蔬店、菜铺
みせさき(店先)[名]店头、店面
かたづく(片づく)[ 1 ]做完、得到解决动自
しゅん(旬)[名]当季、应时、旺季
しゅんぎく(春菊)[名]茼蒿
みまわす(見回す)[ 1 ]动他张望,环视
モモ[名]桃子
ピニールハウス[名]塑料大棚
こうじょうやさい(工場野菜)[名]工厂化蔬菜
じべた(地べた)[名]地面、地里
じんこうてき(人工的) [形2] 人工的,人造的
まいど(毎度) [副] 屡次,每次,经常

下一页:课文及单词2