毎日飲む、コーヒー。

每天都喝的咖啡。

生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。

生活中缺少不了,但到底是谁第一个、又是如何发现了咖啡并知道咖啡是拿来喝的,你们知道吗?

「赤い実」を食べたヤギが踊ってるよ!

吃了“红色果实”的山羊在跳舞!

9世紀ごろの昔々。エチオピアに、カルディというヤギ使いがいました。カルディは毎日しっかりヤギの世話をする青年でしたが、ある日ヤギたちがハイになり、踊っているのを見つけます。

很久以前,9世纪左右的埃塞俄比亚,有一位名叫卡迪卡迪是一位每天都认真放羊的青年,某天他看见山羊们情绪高涨在跳舞的牧羊人。

「おいおい、ヤギが踊ってるよ、一体どうしたんだよ」

“诶诶、山羊在跳舞,这到底怎么回事”

よくよく観察してみると、ヤギたちは木に成っている「赤い実」を食べては跳ね回っていることに気づきました。好奇心旺盛なカルディは、自分もその実を食べてみることに。すると…シャッキーーーン!!なんだかとっても目が覚めて元気になったそうです。

好好观察一番后,他发现山羊们是吃了树上的”红果实”才会这样蹦来蹦去的。好奇心旺盛的卡迪自己也尝了那个果实。然后…哇~噻!!不知怎么变得特别清醒,变得特别有活力。

こ、これは、なんなんだ?

这、这是、什么啊?

ということで、町の僧侶のところへ持って行きます。

因此,就把(红果实)带给镇上的僧侣。

でも、食べたらなんだか気がそれを食べた僧侶たちもシャッキーーン!高ぶってしまうこの赤い実を、僧侶たちは「悪魔の実だ」と考えてしまいます。

吃了这个的僧侣们也觉得十分清醒!但是,吃了后莫名会情绪高涨的红色果实被僧侣们认为是”恶魔的果实”。

こんな危険なもの、捨ててしまえ!

这么危险的东西,去扔掉!

と火の中に放り込むのです。

说着就把果实扔到了火里。

さて、の良い人ならそろそろ流れがわかってきたかもしれません。

到这,比较机灵的人是不是差不多猜到后续发展了。

そう、火の中に放り込むと香ばしい匂いがしてきます。コーヒーの実の中にある種が焙煎された状態ですね。そりゃいい香りでしょう。そのあまりにも落ち着くいい香りに僧侶たちも勝てるわけがありません。

是的,扔到火里后传来一阵香味。这是咖啡果实中的种子处于烘烤的状态。那肯定是很香啦这么香的味道,就是僧侣们也无法战胜啊。

<strong>「しょうがない。この悪魔の実にもう一度チャンスをやろう」</strong>と言い始めます。(素直になって!)

<strong>“没办法,再挑战一次这个恶魔的果实吧”他们开始这么说了</strong>(变得坦率啦!)

火の中から取り出した、うまい具合に焙煎されたコーヒー豆。そのままでは硬くて食べられないので、砕いてお湯の中に入れて飲んでみたそうです。それが未だに私たちを魅了するコーヒーの始まり、と言われています。

从火里取出的、烘烤得刚刚好的咖啡豆。因为就这样太硬不能吃,所以就捣碎放入热水中试着喝了喝。据说这就是现在如此吸引我们的咖啡的起源。

最初に登場した、ヤギ使いのカルディ。もうお分かりですね。コーヒーと輸入食品のお店「カルディ」は、そのヤギ使いの名前から来ています。そして、コーヒー豆のパッケージでヤギがロゴマークとなっている会社をチラホラ見かけるのは、ヤギがコーヒー豆を最初に見つけたという伝説から来ているんですね。

最开始出现的牧羊人卡迪,想必大家已经知道了吧。作为咖啡和进口食品的店“卡迪”,就是从牧羊人的名字得来的。还有,不时能看见咖啡豆的包装上有公司选择山羊作为标志标记,这也是因为山羊是最初发现咖啡豆这个传说的缘由。

本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

精华文章推荐:

葡萄柚和葡萄有什么关系?

日本樱桃季:你可能不知道的小知识